メジャー7thの使い方

メジャー7thコードには細心の注意が必要

メジャー7thコードにおいてRoot音と7つ目の音(7th)の相性はその状況よっては最悪になる場合がある。

 

どのような状況でも7thの上にRootがくると不協和音になり、心地よく鳴らないので必ずRootの上に7thが来るようにする。

Bad 例1

Bad 例2

Good 例

もっとも簡単でポピュラー解決法はシンプルメロディーの中にメジャー7thコードのRoot音があった場合、メジャー7thコードは使わないようにすることである。

※Cmaj7の場合

※Fmaj7の場合

終わりに

今回はメジャー7thの使い方にについて学んだ。

使い方によっては不協和音になるため、メロディーを作る際は細心の注意が必要である。

どのような状況でも7thの上にRootがくると不協和音になり、心地よく鳴らないので必ずRootの上に7thが来るようにすると良い。

 

コメント