Ableton Liveのインターフェース

はじめに

はじめにAbleton Liveの全体像を把握する。
アレンジメントビューとセッションビューの画面構成や各部の名称を覚え、今後の理解を深めていく。

ブラウザ

ブラウザ

Liveに付属しているインターフェイス/エフェクト/オーディオ素材などの主要なライブラリと、ユーザーが追加したプラグイン/音楽素材などを一括表示するエリア。

Ableton Packとしてインストールした追加サウンド、保存したプリセットとサンプル、Abletonまたはサードパーティ製デバイス、サンプルやトラックを含むハードディスク上の任意のフォルダーなどのアセットのライブラリにアクセスでする。△で表示/非表示を切り替えることが可能。

クリップ

クリップ

曲の差材となるMIDIやオーディオデータのこと。

ミキサー

ミキサー

トラックごとの音量やPanを調整するエリア。下記が設定できる。

  • 入力/出力
  • センド
  • リターン
  • ミキサー
  • トラックディレイ
  • クロスフェーダー

クリップビュー、デバイスビュー、ピアノロール

クリップビュー、デバイスビュー、ピアノロール

クリップを選択でクリップビュー、
クリップビューは、クリップオーバービューをクリックするか、セッションまたはアレンジメントビューのクリップをダブルクリックすると開くことができる。
トラックを選択でデバイスビュー、 MIDIクリップをダブルクリックでピアノロールが表示される。

トランスポート・バー

再生/録音に関わるボタンが並ぶエリア。

トランスポート・バー

  1. 自動スクロールON /OFF
  2. アレンジメントの位置表示
  3.  再生/停止/録音ボタン
  4.  MIDIオーバーダブ
  5. オートメーションアーム
  6. オートメーションを有効にする
  7. キャプチャ
  8. セッション録音ボタン
  9. ループスタート/パンチアウトインスイッチ
  10. 左:パンチインスイッチ  真ん中:ループスイッチ 右:パンチアウトスイッチ
  11. ループ/パンチリージョンの長さ

インフォビュー

インフォビュー

ポインターが置かれている部分の解説を表示。下の△で表示/非表示を切り替えることができる。

 

マップモードや入力に関わるボタン

マップモードや入力に関わるボタン

 

 

 

 

  1. ドローモードON/OFF
  2. コンピュータMIDIキーボードON/OFF
  3. キーマップモードスイッチ
  4. MIDIマップモードスイッチ

ルーティングに関するエリア

ルーティングに関するエリア

入力タイプ、入力チャンネル、モニター、出力タイプを指定するエリア。

シーン

セッションビュー専用のエリアで、指定した段にあるクリップをすべて再生できる。

アレンジメント/セッションビューの切り替え

 

 

 

 

 

 

アレンジメント/セッションビューの切り替え
横線:アレンジメントビュー
縦線:セッションビュー
※Tabキーで切り替え可能。  

終わりに

今回はAbleton Liveを使用する上で必要となる主な機能について学んだ。
今後はまとめた内容をもとに深掘りや的確に使いこなうTipsなどもまとめていこうと思う。

 

  

コメント