簿記の基礎

簿記の基礎

会社一年に一度、会社の利益や財産がどれだけあるのか明らかにしなければならない
そこで、モノを買う、売る、お金を貸す、借りるなど、日々行った活動(取引)をメモしておく必要がある。
この取引の記録をする手段を簿記という。

損益計算書と貸借対照表

簿記によって計算した利益や財産を表にまとめる
会社がいくら使って、いくらもうけたのか、いくら損をしたのかという、利益・損失を明らかにした表を損益計算書
現金、預金、仮金、などいくらあるのか会社の財産の状況をあきらかにしたものを貸借対照表という。

 

仕訳の基本

簿記では簡単な用語(勘定科目)と金額で取引を記録する手段を仕訳という

仕訳のルール

売り物(商品)を100円分買い、お金(現金)を払ったとすると下記のように仕分けされる

(商品)100

(現金)100

ここで注目すべきは左側と右側に勘定科目(商品と現金)が記入されていること

仕訳は1つの取引を2つに分けて記入するというルールがある

 

5つの要素と左側と右側

勘定科目は下記5つに分類される

  • 資産
  • 負債
  • 資本(純資産)
  • 収益
  • 費用

その要素の勘定科目が増えたら左側に記入し、減ったら右側に記入するルールがある

 

資産

現金や預金、土地など財産と言われるものが、資産に分類される
資産が増えたら仕訳の左側、減ったら仕訳の右側に記入する

商品を100円を買い、現金を払った場合
→商品が増える
→現金が減る

商品も現金も会社の資産である

したがって、増えた資産(商品)を仕訳の左側、減った資産(現金)を左側に書く

(商品)100(現金)100

→資産の増加
→資産の減少

負債

銀行からの借入金のような、後日お金を払わなければならない義務は簿記上、負債に分類される
負債は資産とは逆の要素のため、負債が増えたら仕訳の右側、減ったら左側に書く

 

(負債の減少) XX(負債の増加) XX

↓減ったら左 ↑増えたら右

 

資本(純資産)

会社を開業するには、株主から会社が活動するためのお金を元手として出資してもらう。この会社のもとでとなるものを簿記上では、資本(純資産)に分類される。

資本(純資産)は増えたら仕訳の右側、減ったら左側に記入する

(資本の減少) XX(負債の増加) XX

収益から費用を引いたら会社の利益となる

収益ー費用=利益

資産・負債・資本(純資産)の関係

収益・費用の関係

 

仕訳の左側と右側は必ず一致する

借り方と貸方

左側は借り方、右側は貸方

(借り方) XX(貸方) XX

かた かかた

りが左側に向かって伸びているので借方、しが右側に伸びているので貸方と覚えると良い

 

コメント