現金

現金

他人が小切手振出した小切手を受け取ったとき

小切手:現金に変わる支払手段

振り出す:小切手に金額などを記入し相手に渡す

他人が振り出した小切手は、現金と同様に扱う。

他人振出た小切手を受け取ったときは、現金(資産)が増えたとして処理する。

()150

(売上)150

他人が振り出した小切手で支払ったときの仕訳

他人振出小切手で仕入代金などを支払った場合は、現金(資産)が減ったとして処理する。

(仕入)150

(現金)150

小切手の他にも現金として扱うもの

簿記上、現金として扱うものを通貨代用証券といいます。

通貨代用証券は、他人振出小切手のほか、送金小切手(送金手段として銀行が振り出す小切手)や郵便為替証書(送金手段として郵便局で取り扱うもの)などがある。

現金過不足

実際にある現金の金額が帳簿の金額と違うとき

会社では、定期的に帳簿上の現金の残高と実際に会社の金庫やお財布の中にある現金が一致しているかどうかチェックする。

帳簿残高が実際有高に位置するように修正する

 

(現金過不足)20

(現金)20

現金の実際有高が帳簿残高よりも多い場合の仕訳

(現金)20

(現金過不足)20

実際有高のほうが20円(120円-100円)多い

→帳簿残高を20円増やす→借方

貸方→現金過不足

現金過不足の原因が判明したときの仕分け(借方の場合)

現金過不足が生じた原因がわかったら、正しい勘定科目で処理する。

例)

(通信費)10

(現金過不足)10

現金過不足が解消したため、借方している現金過不足を減らす。(貸方に記入する)

現金過不足の原因が判明したときの仕分け(貸方の場合)

原因過不足が貸方に生じていたときは、正しい勘定科目で処理するとともに、貸方に計上している現金過不足をへらす。(借方)

(現金過不足)10

(売掛金)10

売掛金の回収→売掛金をへらす→貸方

現金化不足の解消→現金過不足をへらす(借方に記入)

現金過不足の原因が決算日まで判明しなかったときの仕訳

決算とは

会社は一定期間に一度、締日(決算日)を設けて、1年間のもうけや資産・負債の状況をまとめる必要がある。

このとき行う手続きを決算とか決算手続といい、決算において行う仕訳を決算整理(仕訳)という。

決算日まで原因がわからない現金過不足の処理

現金過不足は、原因が判明するまでの一時的な勘定科目のため、原因が判明していないからといって、いつまでも帳簿に残すことができない。

決算日において原因が判明しないものは、雑損(費用)または雑益(収益)として処理する。

決算日における現金過不足(借方)の仕訳

借方に現金過不足が残っているので、決算日において減らす(貸方に記入する)

()

(現金過不足)10

ここで仕訳を見ると借方があいているので、費用の勘定科目を記入することがわかる。したがって、借方に雑損(費用)と記入する。

(現金過不足)10

(雑益)10

現金過不足を減らす(借方に記入)

貸方があいている→収益の勘定科目→雑益

簿記
yujiをフォローする
Yuji FT

コメント