簿記

簿記

貸付金・借入金、手形貸付金・手形借入金

通常はお金を借りると借用証書を渡すことや、手形をわたすことがある。今回はお金の貸し借りしたときの処理についてみていく。
簿記

約束手形

約束手形とは、一定の日にいくらを支払うという約束を記載した証券をいう。今回は手形と電子記録債権の処理について学ぶ。
簿記

小口現金

会社の営業社員などが取引先に行くための電車賃や事務で必要な文房具を買うために毎回経理に現金をもらいにいくには面倒くさい。 そこで、日々生じる細かい支払いに備えて、各部署や各課に少額の現金を手渡しておく。この少額の現金のことを小口現金と呼ぶ。
簿記

普通預金、定期預金、当座預金、当座仮越

普通預金や定期預金は、個人の生活でよく利用するが、商売用の預金には当座預金というものがある。 今回は、普通預金、定期預金、当座預金の処理方法の当座借越の処理についても学ぶ。
簿記

現金

小切手:現金に変わる支払手段 振り出す:小切手に金額などを記入し相手に渡す 他人が振り出した小切手は、現金と同様に扱う。 他人振出た小切手を受け取ったときは、現金(資産)が増えたとして処理する。
簿記

商品売買

今回は品物を買ってきて、お客さんに売ったときの処理についてみていく
簿記

簿記の基礎

会社一年に一度、会社の利益や財産がどれだけあるのか明らかにしなければならない そこで、モノを買う、売る、お金を貸す、借りるなど、日々行った活動(取引)をメモしておく必要がある。 この取引の記録をする手段を簿記という。