音楽理論

音楽

Interval

目的 Interval(音程)はポピュラー音楽を学ぶために必要な音階の構成や長調・短調の記号、コードの構成や進行を学ぶな大切な要素。そのため今回はInterval(音程)についてまとめてみる。 Intervalとは Interval(...
音楽理論

Minor Keys

Minor Keys 7つのModeからIonianとAeolianがピックアップされMajor(長調)と、Minor(短調)の調整を軸とした、世界観、システムが確立。 →ダイアトニック(トニックが2つ存在する世界)   ※同じ調合で示...
音楽理論

メジャー7thの使い方

メジャー7thコードには細心の注意が必要 メジャー7thコードにおいてRoot音と7つ目の音(7th)の相性はその状況よっては最悪になる場合がある。   どのような状況でも7thの上にRootがくると不協和音になり、心地よく鳴らないので必...
音楽理論

Characteristic Note

Characteristic Noteとは モードにはそれぞれのキャラクターを決定付ける音がありそれをキャラクタリスティックノート(特性音)と呼ぶ。キャラクタリスティックノートはメジャーモード同士、マイナーモード同士で比較して探す。   ...
音楽理論

Tension

はじめに 今回はTesion(テンション)について簡単にまとめていく。 テンション・コードは、ジャズやその流れを汲む音楽には多用される。一方、音楽ジャンルによってはほとんど、あるいはまったく必要なかったりする場合もある。 Tension ...
音楽理論

Cadence, Chord Progression

はじめに 各キーでのTonic(トニック)、Subdominant(サブドミナント)、Dominant(ドミナント)コードとそのファンクション(機能)というものが存在する。 Function 今回はFunctionを学んだで前提で、Cad...
音楽理論

Function

はじめに ダイアトニックコードの各コードには、それぞれ"機能"=ファンクション(Function)が存在する。今回はFunctionnについて学ぶ。 Functionとは すべてのコードは下記3つに分類することができる。 Tonic(主...
音楽理論

Diatonic Chord

Diatonic Chordとは 2音以上の音を積み重ねたものをChord(和音)という。分類上Triad(3和音)の構成を最小単位とする。全てのChordに基準となる音がありそれをRoot(根音)という。 Major Minor各スケー...
音楽理論

Scale

What is Scale means? Scale(音階)とは12音から選ばれた音の組みわせのことである。Scaleによって独自の響きをもつ。 Diatonic Scale オクターブ内に全音5つと半音2つを含む音階で、半音の位置によ...
音楽理論

モードの作曲理論12

はじめに 前回は1つのコードに特性音と、そのモードを決定づける3度やテンションを加えたコードを使う方法でモードらしい響きを生み出すことができることを学んだ。 今回はルートと特性音を組み合わせることで、コード進行でモードを表現することを学ぶ...
音楽理論

モードの作曲理論11

はじめに 前回はコード・ネームとモードの関連性からモードに隠れているテンションノートの存在について学んだ。今回は学んだ内容を踏まえ、一つのコードで各モードを表現する方法について学んでいく。 必要最小限の音でモードを確定するコード モードにコ...
音楽理論

モードの作曲理論10

はじめに 前回は、テンション・コードをモードで考え、コードネームの本当の姿を学んだ。今回はコード・ネームとモードを関連づけしながら、更に理解を深めていく。 コード・ネームとモードの関連性 前回コードを作るときスケール音の各音をスタート地...