Ableton Live

Ableton Live

太く存在感のあるキック作りのTips

今回は太く存在感のあるキック作る方法について紹介する。ドラムだけの段階である程度の音作りしてしまった方が、トラック・メイキングのモチベーションも上がる。また、ドラムの音色によって楽曲の方向性も明確になる。
Ableton Live

キックのサンプルを重ねるTips

今回はキックのサンプルを重ねてリッチな音を作る事前準備を行う。 DAWやドラム専用音源にあらかじめ用意されているサンプルが100%好みに合っているということはほぼない。選んだサンプルという自分の好み音色にエディットする作業が不可欠となる。EQやコンプレッサーを入れる前に、基になる音色を作る。
Ableton Live

Ableton Liveのインターフェース

はじめにAbleton Liveの全体像を把握する。Ableton Liveを使用する上で必要となる主な機能をまとめ、 アレンジメントビューとセッションビューの画面構成や各部の名称を覚え、今後の理解を深めていく。今後はまとめた内容をもとに深掘りや的確に使いこなうTipsなどもまとめていこうと思う。
Ableton Live

Ableton Liveの特徴

Ableton Liveは個性的な機能や独特の発想が際立つDAWデアある。Ableton Liveは単にループ素材を組み合わせてパフオーマンスをするDAWではない。Liveには、タイムラインに沿って小説ごとにフレーズをエディットしていくアレンジメントビュー、並べられたクリップ(MIDI、オーディオ素材)は思いつくままに組み合わせられるセッションビューを駆使し作曲を行う。