Angular

プログラム

Angular Webアプリ開発入門6

今回はAngularでテキストボックスを操作するモジュールのひとつ、FormsModuleと呼ばれるモジュールを使用する。FormsModuleを使ってテキストボックスから値を読み取るプログラムを作る流れを学んでいく。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門5

今回は入力フォームを作り、ボタンがクリックされたとき何かプログラムを実行したり、メッセージを画面に差し込んだりする方法について学ぶ。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門4

前回は、雛形からAngularプロジェクトを自動生成して実行してみた。 今回は、自動生成されたAngularプロジェクトがどのような構成になっているのか、どこをどのように修正して、自分が望む動作にカスタマイズできるのかを学ぶ。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門3

今回はAngularプロジェクトを作り、ビルドして、テストサーバーで実行するところまで学ぶ。雛形として必要なファイルがAngularのファイルサーバ(レポジトリ)からダウンロードされ、Compiled Succesfullyと表示されたら、ビルドに成功してテストサーバを実行中である。そしてブラウザが起動し、Angularアプリが実行される。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門2

Angular はTypescriptというプログラミング言語をソースを記述して、それをビルドにより変換作業され、ブラウザで実行可能なHTMLファイルやJavaScriptファイルで構成されたAngularアプリを作るという流れである。今回はAngularで開発する環境構築について必要なものをまとめていく。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門1

「Angular」は、Googleによって開発されているJavaScriptフレームワークである。 WEBアプリケーションの開発では、Reactなどと並び、最も使われているJavaScriptフレームワークの一つ。Angularは「テンプレート」と「プログラム」を分離し、テンプレートの定められた場所にプログラムが管理するデータを差し込む仕組みで動くフレームワークとなっている。