Diatonic Chord

Diatonic Chordとは

2音以上の音を積み重ねたものをChord(和音)という。
分類上Triad(3和音)の構成を最小単位とする。
全てのChordに基準となる音がありそれをRoot(根音)という。

Major Minor各スケール上に構成されるコードをDiatonic Chord(ダイアトニックコード)と呼ぶ。


コードはルートとされる音から3度ずつ上に積み上げられ、その3度の間隔によって機能(メジャー、マイナー)を持つことになる。

※各コードの構成音をまとめると以下のようになる。

Major 7th(メジャーセブンス)

Root、M3、P5、M7

Dominant 7th(ドミナントセブンス)

Root、M3、P5、m7

minor 7th(マイナーセブンス)

Root、m3、P5、m7

minor 7th  flatted 5th(マイナーセブンス フラッテッドフィフス)

Root、m3、b5、m7

コードの位置関係を相対的に示すためChord symbols(コード表記)はローマ数字を使用する。


ローマ数字はインターバルを意味する。

#及びbを付ける場合はコードシンボルの左上につける。

終わりに

今回はMajor Minor各スケール上に構成されるコードであるDiatonic Chord(ダイアトニックコード)について学んだ。

次回はFunctionについて学ぶ。

コメント