Interval

目的

Interval(音程)はポピュラー音楽を学ぶために必要な音階の構成や長調・短調の記号、コードの構成や進行を学ぶな大切な要素。そのため今回はInterval(音程)についてまとめてみる。

Intervalとは

Interval(音程)とは2つ音の距離ことを指す。

Interval(音程)の単位は「Degree」。

Intervalによって音の響き方は5つに分類にされる。

Degree(度)の数え方

五線譜上の同じ2音を1度とする。2音間の隔たりが増すにつれて度数が増える。

1度(ユニゾン)から8度(オクターブ)までの隔たりを単音程、9度以上を複音程という。

5種類の分類

単音程での度数と組み合わせでまとめられる
完全音程(Perfect Interval = 略称 P )
→1度、4度、5度、8度のみ
長音程(Major Interval = 略称 M)
→(2度、3度、6度、7度のみ)
短音程(Minor Interval = 略称 m)
→(2度、3度、6度、7度のみ)
増音程(Augmented Interval = 略称 aug)
→すべての度数と組み合わせられる
減音程(Diminished Interval = 略称 dim)
→すべての度数と組み合わせられる

 

音程の分類表

音程振動数比
完全1度(Unison)1:1
短2度(Minor 2nd)15:16
長2度(Major 2nd)8:9
短3度(Minor 3rd)5:6
長3度(Major 3rd)4:5
完全4度(Perfect 4th)3:4
増4度(Augment 4th) 減5度(Diminished 5th)45:64
完全5度(Perfect 5th)2:3
短6度(Minor 6th)5:8
長6度(Major 6th)3:5
短7度(Minor 7th)9:16
長7度(Major 7th)8:15
完全8度(octave)1:2

振動数比が大きいほど不協和音に聴こえる。

1度・4度・5度・8度が完全系で、それ以外は長短系。

メジャーは協和しており、マイナーの方が不協和。

変化記号がついている2音間の音程

変化記号による音程の響きは下記のようにまとめられる

異名同音程

異名同音は5線上での記譜が異なるが、鍵盤や指板上で同一の2音に相当する音程を異名同音程という。

完全1度(P1) = 減2度(dim2)
完全4度(P4) = 増3度(aug3)
完全5度(P5) = 減6度(dim6)
完全8度(P8) = 増7度(aug7)

長2度(M2) = 減3度(dim3)
長3度(M3) = 減4度(dim4)
長6度(M6) = 減7度(dim7)
長7度(M7) = 減8度(dim8)

短2度(m2) = 増1度(aug1)
短3度(m3) = 増2度(aug2)
短6度(m6) = 増5度(aug5)
短7度(m7) = 増6度(aug6)

増4度(aug4) = 減5度(dim5)
減5度(dim5) = 増4度(aug4)

コメント