貸付金・借入金、手形貸付金・手形借入金

お金を貸し付けたときの仕訳

A会社やB会社に現金100円貸し付ける

()

(現金)100

貸し付けたお金はあとで返してもらうことができる。このあとでお金を返して貰える権利は貸付金(資産)として処理する。

(貸付金) 100

(現金)100

貸付金を返してもらったときの仕訳

貸付金を返してもらったときは、あとでお金を返してもらえるけんりがなくなるので、貸付金(資産)の減少として処理する。

貸付金にかかる利息は、受取利息(収益)として処理する。

(現金) 110(貸付金) 100
 (受取金) 10

お金を借り入れたときの仕訳

銀行から借り入れたお金はあとで返さななければならない義務は借入金(負債)として処理する。

(現金) 600

(借入金)600

借入金を返したときの仕訳

借入金を返したときは、あとでお金を返さななければならない義務がなくなるので、借入金(負債)の減少として処理する。

借入金にかかる利息は、

利息 = 借入(貸付)金額 × 年利率 × (借入(貸付)期間 ÷ 12ヶ月)

(借入金) 600(現金) 610
(支払利息) 10 

お金を貸し付け、手形を受け取ったときの仕訳

お金をかしつけたときは、通常は借用証書を受け取るが、借用証書の代わりに約束手形を受け取ることもある。この場合は、通常の貸付金と区別するために手形貸付金(資産)として処理する。

(手形貸付金) 100

(現金)100

お金を借り入れ、手形を渡したときの仕訳

お金を借り入れて、借用証書の代わりに手形をわたしたときは、通常の借用証書による借入金と区別するために手形借入金(負債)として処理する。

(現金) 100

(手形借入金)100

簿記
yujiをフォローする
Yuji FT

コメント