モードの作曲理論11

はじめに

前回はコード・ネームとモードの関連性からモードに隠れているテンションノートの存在について学んだ。今回は学んだ内容を踏まえ、一つのコードで各モードを表現する方法について学んでいく。

必要最小限の音でモードを確定するコード

モードにコードは必要ではないが、コードを使用することもできる。コード感があると、モードではなくなるというわけではない。

例えば、Dドリアン・スケールのダイアトニックコードを作ってみる。

Dm7で始まっていること以外、キーCのダイアトニック・コードと同じである。

ここで調性音楽のシステムをモードに持ち込んではいけない。

ドリアン・スケールでダイアトニック・コードを作る意味はない。モードを構成するスケール音の組み合わせでハーモニーを表現する。それは必ずしもコード・ネームが付くものでなくても構わなく、そのようなアプローチで一部を切り取って聴いたときに、そのモードの響きが完全に表現できているとは限らない。

例えば4小節間に一度も特性音が鳴っていないことも起こり得る。
そこで、1つのコードにモードの特性音と、そのモードを決定づける3度やテンションを加えたコードを使うという方法がある。

マイナー・モード

ドリアン・スケール

R

9

♭3

11

5

13

♭7

□m7(13)

フリジアン・スケール

R

♭9

♭3

11

5

♭13

♭7

□m7(♭9)

エオリアン・スケール

R

9

♭3

11

5

♭13

♭7

□m7(♭13)

ロクリアン・スケール

R

♭9

♭3

11

♭5

♭13

♭7

□m7(♭9,♭5)

メジャー・モード

アイオニアン・スケール

R

9

3

11

5

13

7

□maj7(11)

リディアン・スケール

R

9

3

#11

5

13

7

□maj7(#11)

ミクソリディアン・スケール

R

9

3

11

5

13

♭7

□7

青字=ベースとなるコード 赤字=特性音

マイナー・モードのドリアン、フリジアン、エオリアンスケールは□m7、ロクリアン・スケールは□m7(♭5)、アイオニアン、リディアンのスケールはメジャー7thコードを含んでいるので、これがベースとなる。

そこに特性音を加えると、そのモードでしか生まれない固有のコードになる。

ミクソリディアン・スケールはちょっと扱いが違い、このスケールに含まれる7thコード(ドミナント・コード)というベーシックなコードだけで、一応モードを確定する響きを生み出すことができる。

それぞれのモードを表現するコードが下記である。

終わりに

今回は1つのコードに特性音と、そのモードを決定づける3度やテンションを加えたコードを使う方法でモードらしい響きを生み出すことができることを学んだ。今回は単体のコードのみでの理解だったが、次回はコード進行でモードを表現する方法について学んでいく。

コメント