音楽理論

Cadence, Chord Progression

各キーでのTonic(トニック)、Subdominant(サブドミナント)、Dominant(ドミナント)コードとそのファンクション(機能)というものが存在する。 今回はFunctionを学んだで前提で、Cadence(ケーデンス)、Chord Progression(コードプログレッション)について学ぶ。
音楽理論

Function

すべてのコードは下記3つに分類することができる Tonic(主和音) Dominant(属和音) Subdominant(下属和音) そのうちFundamental chords(主要和音)Ⅰ、Ⅳ、Ⅴは、明確に1つのFunctionを受け持ち、Tonality(調性)を確定する。
プログラム

Flask Web開発入門10

今回は、モデルで定義した内容をデータベースに反映させる必要がある。 データベースへの反映作業は、モデルを定義した後に1度だけ行う必要がある。 今回はスクリプトというファイルを作成して実行する方法を利用する。
音楽理論

Diatonic Chord

2音以上の音を積み重ねたものをChord(和音)という。 分類上Triad(3和音)の構成を最小単位とする。 全てのChordに基準となる音がありそれをRoot(根音)という。 Major Minor各スケール上に構成されるコードをDiatonic Chord(ダイアトニックコード)と呼ぶ。
音楽理論

Scale

Scale(音階)とは12音から選ばれた音の組みわせのことである。 Scaleによって独自の響きをもつ。今回はScaleの基礎となるDiatonic ScaleとMajor Scaleについて学ぶ。
プログラム

Flask Web開発入門9

ブログアプリケーションでは記事の投稿、閲覧を行うのに、実際の記事データを保存し、必要に応じてデータを取り出せるようにする必要がある。 今回は、ブログアプリケーションで必要なデータベースを設定し、使えるようにする。
Ableton Live

太く存在感のあるキック作りのTips

今回は太く存在感のあるキック作る方法について紹介する。ドラムだけの段階である程度の音作りしてしまった方が、トラック・メイキングのモチベーションも上がる。また、ドラムの音色によって楽曲の方向性も明確になる。