プログラム

Angular Webアプリ開発入門7

入力フォームを使って、ボタンがクリックされた時の処理の書き方、そしてテキストボックスに入力された値を取得し、数字や文字列を意識しながら足し算アプリを作成していく。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門6

今回はAngularでテキストボックスを操作するモジュールのひとつ、FormsModuleと呼ばれるモジュールを使用する。FormsModuleを使ってテキストボックスから値を読み取るプログラムを作る流れを学んでいく。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門5

今回は入力フォームを作り、ボタンがクリックされたとき何かプログラムを実行したり、メッセージを画面に差し込んだりする方法について学ぶ。
音楽理論

モードの作曲理論10

今回はコード・ネームとモードの関連性からモードに隠れているテンションノートの存在について学ぶ。各コードで使用するテンション・ノートは決まっているので、あとは順列組み合わせでいつでも必要とするテンション・ノートを呼び出し、作曲をすれば良いq
プログラム

Angular Webアプリ開発入門4

前回は、雛形からAngularプロジェクトを自動生成して実行してみた。 今回は、自動生成されたAngularプロジェクトがどのような構成になっているのか、どこをどのように修正して、自分が望む動作にカスタマイズできるのかを学ぶ。
音楽理論

モードの作曲理論9

今回はモードに於けるコードの考え方を調性音楽、4度積み、5度積みのコードでテンション・ノートを見ながらのコードの本当の意味を学んでいく。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門3

今回はAngularプロジェクトを作り、ビルドして、テストサーバーで実行するところまで学ぶ。雛形として必要なファイルがAngularのファイルサーバ(レポジトリ)からダウンロードされ、Compiled Succesfullyと表示されたら、ビルドに成功してテストサーバを実行中である。そしてブラウザが起動し、Angularアプリが実行される。
プログラム

Angular Webアプリ開発入門2

Angular はTypescriptというプログラミング言語をソースを記述して、それをビルドにより変換作業され、ブラウザで実行可能なHTMLファイルやJavaScriptファイルで構成されたAngularアプリを作るという流れである。今回はAngularで開発する環境構築について必要なものをまとめていく。
音楽理論

モードの作曲理論8

モードでハーモニーを鳴らすのは、コード進行を表現するためではなく、アレンジメンでサウンドに厚みを持たせたり、特性音を持続させてモード感を強めるといった目的が主。実際にリディアンやミクソリディアンの楽譜を例に特性音や3rdの音に着目しながら、コードとは異なるハーモニー感覚について学んでいく。
音楽理論

モードの作曲理論7

スケール音、重要度、出現するモードのついて解説し、優先して使うべき音と省略しても構わない音を区別しまとめる。どの音を使うかによって、ベース・ラインのイメージは大きく変わるため、自分なりのベース・ラインのアプローチを模索していくヒントを学ぶ。