小口現金

小口現金とは

会社の営業社員などが取引先に行くための電車賃や事務で必要な文房具を買うために毎回経理に現金をもらいにいくには面倒くさい。

そこで、日々生じる細かい支払いに備えて、各部署や各課に少額の現金を手渡しておく。この少額の現金のことを小口現金と呼ぶ。

各部署でや各課で小口現金を管理する人を小口現金係という。

会計係は、一定期間後に小口現金係から何にいくら使ったかの報告を受け、使った分だけ小口現金を補給する。

この一定の小口現金を前渡ししておくシステムを定額資金前渡法という。

小口現金を前渡したときの仕訳

小口現金は現金の一種のため、資産である。

よって、小口現金として前渡ししたときは小口現金の増加として処理する。

(小口現金)500

(当座預金)500

小口現金係が小口現金で支払ったときの仕訳

小口現金係が小靴現金でし支払ったときは仕訳しない

会計係が支払報告を受けたときの仕訳

会計係が小口現金係から支払い報告を受けた場合、仕訳をする

(消耗品) 100(小口現金) 300
(雑費) 200

会計係が小口現金を補給したときの仕訳

(小口現金)500

(当座預金)500

支払報告と小口現金の補給が同時に発生した場合の仕訳

小口現金の補給が同時の場合は支払報告時の仕訳と補給時の仕訳をまとめて行う。

支払報告時の仕訳

(消耗品) 100(小口現金) 300
(雑費) 200

補給時の仕訳

(小口現金)500

(当座預金)500

支払報告と補給が同時の場合の仕訳

(消耗品) 100(小口現金) 300
(雑費) 200
簿記
yujiをフォローする
Yuji FT

コメント