約束手形

約束手形とは

約束手形とは、一定の日にいくらを支払うという約束を記載した証券をいう。

約束手形を振出したときの仕訳

約束手形を振り出したときは、あとで代金を支払ったときは、代金の支払い義務が生じる。

この約束手形による代金の支払義務は、支払手形(負債)として処理する。

(仕入)100

(支払手形)100

約束手形を代金を支払ったときの仕訳

約束手形をの支払期日に手形代金を支払ったときは、代金の支払い義務がなくなるので、支払手形(負債)の減少として処理する。

(支払手形)100

(当座預金)100

約束手形を受け取ったときの仕訳

約束手形を受け取ったときは、あとで代金を受け取ることができるという権利が生じる。この約束手形による代金を受け取る権利は、受取手形(資産)として処理する。

約束手形の代金を受け取ったときの仕訳

約束手形をの支払期日に手形代金を受け取ったときは、代金の受け取る権利ががなくなるので、受取手形(資産)の減少として処理する。

(当座預金)200

(受取手形)200

約束手形を取り巻く登場人物の呼び名

約束手形の取引において、約束手形を振り出した人を振出人、約束手形を受け取った人を受取人または、名宛人という。

電子記録債権

電子記録債権は手形(や売掛金)の問題点を克服した新しい金銭債権。

電子記録債権の発生方式

電子記録債権の発生方式には、債務者請求方法と債権者請求方式がある

債務者請求方式

債務者側(買掛金などがある側)が発生記録の請求を行うことよって、電子記録債権が発生する方式

債権者請求方式

債権者側(売掛金がある側)がよって電子記録債権が発生する方式。この場合には、一定期間何に債務者の承諾が必要。

電子記録債権(債務)が発生したときの仕訳

発生記録を行うことにより、債権者には電子記録債権(資産)が、債務者には電子記録債務(負債)が発生する。

債権者

(電子記録債権)100

(売掛金)100

債務者

(買掛金)100

(電子記録債務)100

電子記録債権(債務)が消滅したときの仕訳

債務者の口座から政権者の口座に払込が行われると、債権者の電子記録(資産)および電子記録債権(負債)が発生する。

債権者

(当座預金)100

(電子記録債権)100

債務者

(電子記録債権)100

(当座預金)100

簿記
yujiをフォローする
Yuji FT

コメント