シンセサイザー入門1

はじめに

今回の目的はシンセサイザー入門という本を読み、シンセサイザー構造や概念を大まかに理解し、シンセサイザーの機種に依存するのではなく、どんな機種にも汎用的に使えるよう学んでいく。

アナログシンセサイザーの流れと要素

シンセサイザーには、大まかにまとめると下記3つの要素がある。

  • 音程
  • 音色
  • 音量

要素は図のように操作する。

  • VC:ボルテージコントロールド
  • O:オシレーター
  • F:フィルター
  • A:アンプ

VCO:Voltage Contorolled Oscillator

VCOは素材そのもので、発信機の役割。

VCOに用意された波形は、一般的に下記5つが準備されている。

  • ノコギリ波(Sawtooth)
  • 三角波(Triangle)
  • 矩形波(Square)
  • パルス波(Pulse)
  • ノイズ(Noise)

VCF:Voltage Contorolled Filter

VCFは不要なものをそこに溜めて、必要なものだけを通過させるフィルター。

ある音から特定の周波数成分を除いたり、弱めたりすることができる。

  • LPF(Low Pass Filter):低音を通過させるフィルター
  • HPF(High Pass Filter):高音を通過させるフィルター

フィルターはセクションではもう一つ重要なレゾナンス(resonance)があり、機種によってはPeakやQという呼ばれ方をする。

VCA:Voltage Contorolled Amplifer

VCAはアンプ装置であり、パラメータの音量をいじる箇所である。

終わりに

今回はシンセサイザーの構造を単純にまとめてみた。シンセサイザーの機種に依存するのではなく、全体の概念を理解し、どんな機種にも汎用的に使えるようになるために、今後もシンセサイザー入門を読み進めたいと思う。

次回はモジュレーションを加え、勉強していこうと思う。

音楽機材
yujiをフォローする
Yuji FT

コメント