theory

音楽理論

Minor Keys

7つのModeからIonianとAeolianがピックアップされMajor(長調)と、Minor(短調)の調整を軸とした、世界観、システムが確立。Minor KeyにはNatural Minor、Harmonic Minor、Melodic Minorの3つのスケールとそこに3度ずつ積み上げられているコードが生まれるコードになった。
音楽理論

メジャー7thの使い方

メジャー7thコードにおいてRoot音と7つ目の音(7th)の相性はその状況よっては最悪になる場合がある。 どのような状況でも7thの上にRootがくると不協和音になり、心地よく鳴らないので必ずRootの上に7thが来るようにする。
音楽理論

Characteristic Note

Characteristic Noteとは モードにはそれぞれのキャラクターを決定付ける音がありそれをキャラクタリスティックノート(特性音)と呼ぶ。キャラクタリスティックノートはメジャーモード同士、マイナーモード同士で比較して探す。   ...
音楽理論

Tension

コードは3度の音の組み重ねで構成される。 そのコードのオクターブ以内に収まっているものをコードトーン。 オクターブを超えてしまったものをノンコードトーン。 ノンコードトーンの中でもコードトーンと合う音をTension(テンション)。 コードトーンとぶつかる音をAvoid Note(アボイドノート)と定義される。
音楽理論

Cadence, Chord Progression

各キーでのTonic(トニック)、Subdominant(サブドミナント)、Dominant(ドミナント)コードとそのファンクション(機能)というものが存在する。 今回はFunctionを学んだで前提で、Cadence(ケーデンス)、Chord Progression(コードプログレッション)について学ぶ。
音楽理論

Function

すべてのコードは下記3つに分類することができる Tonic(主和音) Dominant(属和音) Subdominant(下属和音) そのうちFundamental chords(主要和音)Ⅰ、Ⅳ、Ⅴは、明確に1つのFunctionを受け持ち、Tonality(調性)を確定する。
音楽理論

Diatonic Chord

2音以上の音を積み重ねたものをChord(和音)という。 分類上Triad(3和音)の構成を最小単位とする。 全てのChordに基準となる音がありそれをRoot(根音)という。 Major Minor各スケール上に構成されるコードをDiatonic Chord(ダイアトニックコード)と呼ぶ。
音楽理論

Scale

Scale(音階)とは12音から選ばれた音の組みわせのことである。 Scaleによって独自の響きをもつ。今回はScaleの基礎となるDiatonic ScaleとMajor Scaleについて学ぶ。
音楽理論

Interval

Interval(音程)とは2音間の距離のことを表す。Intervalの単位はdegree(度)を呼ぶ。 Perfect Interval(完全音程)、Major Interval(長音程)、Minor Interval(短音程)、Augmented Interval(増音程)、Diminishied Interval(減音程)の5つ。